ここで借入れを申込むときの審査基準について考えてみたいと思います。一体どのような基準で審査されているのでしょうか。

まず第一にあなたが審査官になりきってみてください。キャッシング会社も営利企業ですから会社としては”借入れ”をして金利を沢山もらいたいわけです。そして会社に勤めている営業マンは基本的にノルマが発生しますので。。やっぱり入れられる人はぜひとも入ってもらいたいはず。


この心理が大前提にあります。
そして仕事の審査。堅い職業ほど好まれると言われていますので

公務員>サラリーマン>自営業>バイト


この順位づけが予想されます。
次に家の審査。ここで紹介しているキャッシングは全て”無担保・無保証人”で借入れをすることが出来ますがやはり自宅は審査対象になっているはずです。自分や家族名義の持家があれば有利になるのではないでしょうか。次に他社への借入れ。ここは当然他社での借入れがなければ優遇されます。


勝手な想像ではありますが、サラリーマンをしていて継続的な収入があって数年働いていて、他社への借入れがなければ間違いなく審査には通ります。キャッシング会社としても「しっかり金利を払ってくれて、返済能力のある上顧客様だ」ぐらいに考えているわけです。


「ちょっと自分には難しいかな。。」


と考える方もいらしゃると思いますが、もし今ほんの少しの気持ちを奮い立たせて低金利の会社に申込みをすれば受かる可能性は0じゃないんです。お金を借りるときの1番の大切なことは「低金利」で借入れをすることです。もしくは借りないこと。恥ずかしがって金利の高い会社に申込むことではありません!

今日は 昼から仕事に行ってきました
休日のお昼から仕事に行くときの楽しみにひとりランチがありますが
連休中だし 子供の日だし ランチはちょっと避けておこうと
デパ地下のパン屋さんで パンを買って仕事場へ行きました
デパ地下のパンもおいしいんで これはこれでいいのですが

以前の休日のお昼ご飯は とりあえず食べようなんて感じで 
インスタント系を食べていたこともあったけど
歳を重ねるにつれて 
 インスタント系を食べると胃もたれがする感じがすること
 あと何回食事をするかわからない貴重な1回だから納得のいく物を食べたい
と思うようになって 量は少なくてもいいからおいしいものを探し求めてます

さて その後 仕事をしてる最中 よく食事に行ってる職場の友人からメールがきて
自分も仕事にきている ということだったんで 急遽 晩ご飯を食べにいくことに
店は特に決めてなかったのだけど
ネット調べておいしいと書いてあった店に行くことにしました
ちょっと晩ご飯のつもりが 結構お高いディナーになってしまいました
でも お値段は結構しましたが とてもおいしかったです あたりです

たまには こんな晩ご飯もいいものです

引越をして 住所変更をしなかったので
尼僧修行はもう行くこともないと思います
でも 過去の尼僧修行で 般若心経と出会えたことは
よかったと思ってます 
時々 般若心経の解釈本的な物を読んだりしますが
読むたびに反省することばかりです
今回も 泊まり勤務の際 ちょっと読んでみたのですが
 思い込みを捨てれば心は軽くなる
という解釈が心を打ちました

ものごとは刻々と変化しています
しかし これはこうなんだ と思いこんでしまえば
それが変化するときに ストレスを感じてしまうのです
物事の変化を受け入れることができれば
平穏に過ごせるのです

しかし なかなかそうは思えません
歳を重ねるごとに これはこうなんだ 的なことが多くなってる気がします
物事へのこだわりをすて すべてを無の心で受け入れることができるように
なっていきたいです

↑このページのトップヘ